FC2ブログ

My Toys

ヘッツアー2

基本設計した車体データ
BODY 1-35
画面では正確に出来てる様に見えるのですが、前回キンタの砲塔で大失敗しているので、確認することに。

IMG_2964.jpg
1/35にスケールをかけて、ラフモデルをプリントし、参考にしたタミヤのキットと比べます。
結果、問題はありませんでしたが、この時点でデータが間違えていると、後々大変な事になるので慎重にチェックしなければなりません。

起動輪組立
IMG_2948.jpg
IMG_2949.jpg
実車同様にハブとスプロケットはボルト(M2)で組み立ててます。
ハブは実物が鋳造なので、溶きパテを筆で叩きつけてそれっぽくしています。
センターハブキャップは作業性を考えて別パーツに。

サスペンション
IMG_2961.jpg
テストプリントしたものを仮組。
一応今回、サスペンションは可動式にしてみる予定で
IMG_2965_20171126235055c98.jpg
これまたテストプリントした転輪を組み合わせ。
ほとんど見えなくなってしまうんですけどね~ サスペンションもシーソー式なんで動きはあまり面白くないです。

転輪
WEEL 1-6 REV B
こちらも実測したデータで作成。
とはいっても戦後型のG13なんですけどね~
IMG_2963_20171126235053bee.jpg
これも作業性から3分割でプリントしてます。
ボルトとリベットは後付けの方が作業しやすいのとシャープにできるので別パーツとし、後で取り付け位置が分かるようにしています。
プリントしたままだと積層痕でガタガタなんで、ボルトを通して電動ドリルにくわえさせ、簡易旋盤状態でペーパー掛け。
これがなかなか積層痕が消えてくれず、大変です。
消えたと思ってサーフェイサーを吹いてみると、まだ残っている事が多いです。
これはレジンで量産した方が楽そうなので、こいつを原型にします。

FDM方式の3Dプリンタでプリントしたパーツはこの積層痕を消すのが、ほんとメンドクサイ。
垂直に近いほど綺麗な痕になってくれるのですが、水平面やそれに近い浅いテーパーだと痕がかなり出てきます。
そのままだとガタガタの段々畑状態なんで、後の仕上げ作業を考えたパーツ割にしてやらなければなりません。
ペーパー掛けしやすいように、分割したりボルト等の出っ張りは別パーツにするとか。
何も考えていないと、後でエライ目にあいますw
スポンサーサイト
  1. 2017/11/27(月) 00:21:09|
  2. ヘッツアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヘッツアー3 | ホーム | 新プロジェクト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momc.blog55.fc2.com/tb.php/195-d0ee63ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MOMC

Author:MOMC
MINIATURE OF MINIATURE COMPANYです。
仕事の関係でで5年ほどアメリカに住んでました。
その際に覚えた実銃射撃や旅、模型製作など私の趣味を紹介しています。

FIRE STARTERというブランドで1/6スケールの「あったらいいな~」というお助けパーツを展開中です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
FOAパンター (12)
ミリタリーショー (4)
銃 (7)
コレクション (1)
新製品情報 (7)
air show (1)
博物館 (12)
模型 (12)
BRA M3 (13)
BlackBoxヘッツアー (15)
FOAヤクートパンター (2)
シャーマン ジャンボ (35)
キングタイガー (43)
FIRE STARTER (1)
ヘッツアー (37)
KV-2 (8)
AFVの会 (1)

FC2カウンター

国別カウンター

Flag Counter

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード