FC2ブログ

My Toys

いろいろと

今月号のアーマーモデリング

IMG_4918.jpg
女性フィギュアの塗り方特集

この特集が大当たりだったようで、入手困難となり版元でも間もなく在庫切れになりそうな状況だそうです。
まあ、このタイトルはどうかと思いますが・・・

そして先日の中京AFVの会の記事が掲載されていました。
IMG_4920_20190425003628031.jpg
嬉しい限りです。

ただ、非常に残念な誤植がありました。
私が”銀賞”と書かれている!
私が頂いたのは”銅賞”ですよ!!
そして本来銀賞を受賞された方が銅賞として書かれてるやん!!!
いや、私のミスではないんで全然私が悪くないんですけども、銀賞の方になんだか申し訳ない気持ちになってしまうんですよ。
逆の立場だったら、「ふざけんな、俺が銀賞だぞ#」ってなるでしょ?
実際、私のなんかより凄い作品でしたから。
頼んますよアーマー編集部さ~ん!


で、来月の静岡ホビーショー
このヘッツアーを持参して参加します。
今回も所属しますSOMETIMEのブースでして、私自身は2日間とも会場にいますが知り合いの物販の手伝いも頼まれていますのでブースを不在にしていることが多いかもしれません。
でも出来るだけ多く方に見ていただき、お話できればと楽しみにしております。



そして一つ応援のお願い。
既にご存知の方も多いかと思いますが、95式軽戦車を日本に取り戻すためのクラウドファンディング
「九五式軽戦車」を日本人の手に取り戻す。修復、里帰り計画
無題

この車両は私が小学生のころに何度か嵐山で見たもので、その後紆余曲折があり海外に流出してしまっていますが、何とか日本へ帰ってきてもらいいたい!
その思いから私も微力ではありますが支援しています。
締め切りが4/30 23:00となっており、これが不成立となると海外の個人コレクターの所有物となってしまうそう。
95式が帰国できるように皆さんもご協力宜しくお願いします。

航空機に関しては現状の日本では大戦機を維持する環境には無いと思います。
疾風といい、零戦といいせっかく帰ってきたのに、自由に空を飛べなくなってしまうのは見ていてかわいそうです。
しかし、95式ならば日本でも維持管理し易いし、できると思うんです。
日本に生きた車両が帰ってきてくれる事を切に願います。
スポンサーサイト



  1. 2019/04/25(木) 01:20:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV-2 その5

F-35墜落という衝撃的なニュース。
パイロットの安否が一非常に気になるところです。
しかし、F-35Aでは墜落の前例が無く、三菱で組み立てた機体と聞くとウ~ンと勘繰りたくなる部分があります。
過去に三菱小牧工場内での破壊工作やF-2の事故なんかを考えると ねえ~


さて前回の防盾作業の続き

分割したパーツで設計したものをプリントアウトし接着
IMG_4903.jpg
ちょっと反ってしまったので隙間を修正中


IMG_4908.jpg
パーツの組み合わせは完璧。
こういうところは3Dプリンタのありがたさを感じる。
表面仕上げの工程が残っているので、作業性を考えてまだ接着はしません。

IMG_4904.jpg
デカい!
けど内部はハニカム構造なので、見た目と違ってとても軽量です。




KV-2 v34
次は防盾の側面、頬っぺたの部分の作成。

IMG_4901.jpg
図面データをトレースした形状をそのままで作成したもの。

IMG_4905.jpg
組み合わせるとこんな感じになります。

が、どうも形状がしっくりこない。
迫力がないというか・・・

実車の写真と見比べるとやはり形状が違う!
やはり図面を信用してはいけません。

再度データを修正してプリントアウト
IMG_4902.jpg
実車写真を見ながら、厚みを増して、フィレットRを大きくした。

IMG_4907.jpg
図面を元に作ったのが左で、右が修正版。
ぱっと見で違いは判らないけど、結構違います。

IMG_4906.jpg
かなりボリュームアップして迫力が増しました。
今後砲塔を作っていて違和感を感じるようであれば、再度修正していきます。


これから全体的にパテ埋めとサインディングですが、実車がかなり粗い仕上がりなので、ドイツ戦車に比べれば楽できそうです。


  1. 2019/04/12(金) 01:11:11|
  2. KV-2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV-2 その4

新元号決まりましたね~ 
まさか自分が3つも元号またぐとは思いもしませんでした。
下手すると4つまたぐ可能性もあるのか?


さて、KV-2
先週に続いて防盾です。

KV-2 v38

プリント第一段階として
KV-2 v382
こいつをプリント
後で溶接跡を作るのに作業しやすいように溝を追加設計しています。

IMG_4874.jpg
0.09ピッチでプリントしたのでこれでも丸一日かかってます。

アクリルパイプを差し込むと
IMG_4875.jpg
デカすぎる。

過去にキングタイガーなんて重戦車作っているものの、久しぶりに感じる威圧感というか、作ったらやばそう感。
やはり砲塔は強度はよく考えて設計する必要があります。

KV-2 v383
次はこの部分を2分割してプリントしていきますが、こちらもそれぞれ丸一日のプリント時間となります。
時間がかかる・・・


  1. 2019/04/02(火) 00:42:06|
  2. KV-2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

MOMC

Author:MOMC
MINIATURE OF MINIATURE COMPANYです。
仕事の関係でで5年ほどアメリカに住んでました。
その際に覚えた実銃射撃や旅、模型製作など私の趣味を紹介しています。

FIRE STARTERというブランドで1/6スケールの「あったらいいな~」というお助けパーツを展開中です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
FOA Panther (12)
ミリタリーショー (4)
銃 (7)
コレクション (1)
新製品情報 (7)
air show (1)
博物館 (17)
模型 (12)
BRA M3 (13)
BlackBox Hetzer (15)
FOA Jagd Panther (2)
M4 Sharman Jumbo (35)
King Tiger (43)
FIRE STARTER (1)
Hetzer (37)
KV-2 (14)
AFVの会 (1)

FC2カウンター

国別カウンター

Flag Counter

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード