FC2ブログ

My Toys

ヘッツアー3

すっかり寒くなってしまいました。
気づけばもう年末で、何故かいつもこの時期になると仕事がバタついています。
寒さに比例して、ヘッツアーの作業スピードが低下してきて、ちょっと焦りも・・・
別に締め切りがある訳ではないので、気にする必要はありませんが。

履帯はジャンジャカと3Dプリンタで生産して
25552330_1450061001789165_807256847364573838_n[1]
230個ほど製作。
キンタでレジン複製を繰り返していた時の事を思えば、画期的すぎる。
ただし積層痕があるので、全数仕上げが必要ではありますが。

誘導輪は計測出来た後期型を製作することに
25659245_1450060905122508_6890657333473738191_n[1]
プリントしたものの緩いテーパーなので積層痕だらけ

25550222_1450060995122499_7639144751355836441_n[1]
いつものアセトン処理で表面を溶かして若干均します。
やり過ぎると変形するので注意(特に板厚の薄い部分)

25498202_1450060911789174_8573588149436620155_n[1]
ドリルに挟んでペーパー掛けしたり、サーフェイサー吹いたり、手仕上げしたりで、段差を無くしています。
これを裏表4個作成。


転輪は前回仕上がってきてたんで
IMG_2963_20171126235053bee.jpg
あとはリベット植えてシリコンで型取りや~と張り切っていたのですが、新しい資料を入手して眺めていたところ、転輪裏側を間違えていた事が判明。
転輪の再製作か、そのまま目を瞑ってしまうかの選択に迫られた結果。

25446389_1450060918455840_4776943040041525693_n[1]
再製作しまいした・・・
右が旧型で左が新型

25398793_1450060915122507_8582364776809251205_n[1]
この様に、裏側間違えていました。
展示会で皆さん裏側を覗かれるのが判っているんで、誤魔化せないです。

ところでヘッツアーの足回りを作っていると、合理的、効率的に設計されているな-と改めて気づかされます。
転輪は5mmのプレス成型、サスペンションは板バネと、これなら短時間、低コストで作ることが出来たでしょうし、車体も生産性が高いことが分かります。
当時の日本で生産できていれば・・・ と架空戦記を想像してしまいます。
ただし、車体強度は相当低そうです。
正面装甲を除いて装甲は薄く、モノコック構造のためにハッチの多い車体後部はかなり強度が弱かったのだと想像できます。
実際、撃破された写真では車体が吹き飛んでいるものが多いです。
徹甲弾でなく、貫通しない榴弾でも大きなダメージを受けていたでしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2017/12/22(金) 00:46:28|
  2. Hetzer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

MOMC

Author:MOMC
MINIATURE OF MINIATURE COMPANYです。
仕事の関係でで5年ほどアメリカに住んでました。
その際に覚えた実銃射撃や旅、模型製作など私の趣味を紹介しています。

FIRE STARTERというブランドで1/6スケールの「あったらいいな~」というお助けパーツを展開中です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
FOA Panther (12)
ミリタリーショー (4)
銃 (7)
コレクション (1)
新製品情報 (7)
air show (1)
博物館 (17)
模型 (12)
BRA M3 (13)
BlackBox Hetzer (15)
FOA Jagd Panther (2)
M4 Sharman Jumbo (35)
King Tiger (43)
FIRE STARTER (1)
Hetzer (37)
KV-2 (12)
AFVの会 (1)

FC2カウンター

国別カウンター

Flag Counter

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード