FC2ブログ

My Toys

ヘッツアー2

基本設計した車体データ
BODY 1-35
画面では正確に出来てる様に見えるのですが、前回キンタの砲塔で大失敗しているので、確認することに。

IMG_2964.jpg
1/35にスケールをかけて、ラフモデルをプリントし、参考にしたタミヤのキットと比べます。
結果、問題はありませんでしたが、この時点でデータが間違えていると、後々大変な事になるので慎重にチェックしなければなりません。

起動輪組立
IMG_2948.jpg
IMG_2949.jpg
実車同様にハブとスプロケットはボルト(M2)で組み立ててます。
ハブは実物が鋳造なので、溶きパテを筆で叩きつけてそれっぽくしています。
センターハブキャップは作業性を考えて別パーツに。

サスペンション
IMG_2961.jpg
テストプリントしたものを仮組。
一応今回、サスペンションは可動式にしてみる予定で
IMG_2965_20171126235055c98.jpg
これまたテストプリントした転輪を組み合わせ。
ほとんど見えなくなってしまうんですけどね~ サスペンションもシーソー式なんで動きはあまり面白くないです。

転輪
WEEL 1-6 REV B
こちらも実測したデータで作成。
とはいっても戦後型のG13なんですけどね~
IMG_2963_20171126235053bee.jpg
これも作業性から3分割でプリントしてます。
ボルトとリベットは後付けの方が作業しやすいのとシャープにできるので別パーツとし、後で取り付け位置が分かるようにしています。
プリントしたままだと積層痕でガタガタなんで、ボルトを通して電動ドリルにくわえさせ、簡易旋盤状態でペーパー掛け。
これがなかなか積層痕が消えてくれず、大変です。
消えたと思ってサーフェイサーを吹いてみると、まだ残っている事が多いです。
これはレジンで量産した方が楽そうなので、こいつを原型にします。

FDM方式の3Dプリンタでプリントしたパーツはこの積層痕を消すのが、ほんとメンドクサイ。
垂直に近いほど綺麗な痕になってくれるのですが、水平面やそれに近い浅いテーパーだと痕がかなり出てきます。
そのままだとガタガタの段々畑状態なんで、後の仕上げ作業を考えたパーツ割にしてやらなければなりません。
ペーパー掛けしやすいように、分割したりボルト等の出っ張りは別パーツにするとか。
何も考えていないと、後でエライ目にあいますw
スポンサーサイト



  1. 2017/11/27(月) 00:21:09|
  2. Hetzer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新プロジェクト

新しいプロジェクトを開始しました。

次はヘッツアーでいきます。
大きいのはちょっと疲れたんで、小さくて楽そうな奴を。

IMG_0181.jpg
ムンスターに行った際に、足回りと履帯の実寸を計測していたので、忘れないうちにと製作開始したのも理由。

とりあえず履帯から設計開始したんですが、これがなかなかの曲者
23754952_1421308461331086_9054221366051173816_n[1]
8回データ修正しています。

ちなみにヘッツアーの履帯幅は350mmなのですが、ウィキペディアに305mmとガセ情報が書いてあってちょっと焦りました。
ウィキもそうですが、ちょこちょこネットで実測データの記載を見るのですが、結構いい加減な計測をしているものが多く、あんまり信用しない方いいです。
とはいえ、実車を測定なんてそうそうできませんけども。

今回はキングタイガーよりも小さいので、すべて3Dプリンターで出力しようと考えているのですが、写真の状態では裏面を1個1個修正する羽目になってしまいます。
そこで、プリントする際の角度の設定をちょいと変えてみたところ
23722217_1421305401331392_3393291535145181676_n[1]
良い感じに

テストプリントしたものをアセトン処理してやれば
23659306_1419364168192182_2851848470279687619_n[1]
こんな感じに

1日でおおよそ18個くらい生産できているんで、レジン複製よりは効率よく出来そうです。
それにレジンは重いですからねぇ(キングタイガーで懲りた)

起動輪も実測データを元に製作して、履帯との咬み合わせも問題なし。
23658636_1419364164858849_6418602909392386237_n[1]

連日、キャタピラのプリント中ですが、寝てる時も仕事してる時もプリンターは働き続けてくれてるので助かります。
23754635_1419364161525516_6266938116366910370_n[1]
考えてみたら、この足回りって、今は亡きBlackBoxのヘッツアーのアップグレードに使えるかも・・・

BODY 1-35
車体も基本設計をしたのですが、簡単そうに見えて結構メンドクサイ形状してくれてます。
ちゃっちゃと進めたい・・・
  1. 2017/11/21(火) 00:25:34|
  2. Hetzer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 モデラーズフェスティバル

先週、大阪で開催されましたモデーラーズフェスティバルに行ってきました。
IMG_2922.jpg

サークルメンバーの方とそのご友人達が参加されていたので今回初めて見学に行ったのですが、想像していたよりも大勢の方々が参加されていて、どれもすごい作品でした。

身近な方々
IMG_2915.jpg
IMG_2916.jpg
IMG_2919.jpg
IMG_2920.jpg

AFV以外にもガンダムやフィギュアにも素晴らしいものが
IMG_2906.jpg
IMG_2904.jpg
IMG_2910.jpg
IMG_2914.jpg

そして一緒にドールハウスの展示もされていました。
IMG_2898.jpg
ドールハウスについては全く知識が無かったのですが非常に興味深かったです。

IMG_2889.jpg
特にこちらの槇田氏の作品には感動しました。
IMG_2888.jpg
1/12との事でしたが、この作りこみ
IMG_2890.jpg
IMG_2891.jpg
IMG_2894.jpg
店内にはフィギュアも無いのにストーリーが感じられます。
IMG_2897.jpg
IMG_2892.jpg
ちゃんと本として作られてます!
見ていてワクワクしてきて、ずっと見ていても見飽きません。

色々と質問させて頂きましたが、ご丁寧にお答えいただき恐縮でした。
製作期間が6カ月とのことで、キンタの製作に2年8カ月掛かっていた私には信じられない速さです。
また私の尊敬する方が増えました。
  1. 2017/11/09(木) 00:33:46|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 SOMETIME 合同展示会

IMG_2793.jpg

10/28,29両日に台風の中、SOMETIME 合同模型展示会が開催されました。

IMG_2792.jpg
雨に備えて前夜から車に積み込み。
ハイエースに積んでもこのデカさ!

当日は搬入、組立で大騒ぎ。

IMG_2795.jpg
IMG_2848.jpg
今回はパイパーにご搭乗頂きました。
IMG_2804.jpg
運搬が大変なのでなかなかお披露目できませんでしたが、今回が初披露!
キンタを見た人は、そのデカさで思わず笑ってしまうという現象が発生。
関西人としてはやってやった感が半端ない。
質問も沢山頂きました。
「どこのキットですか?」 100%フルスクラッチです。
「製作期間は?」 2年半ほどです。
「重さはどれくらい?」 測ったことはありませんが、組立状態では持てません。
「材料は?」 プラとABSとレジンです。
「どこに置くんですか?」  ・・・

そして
IMG_2805.jpg
IMG_2796.jpg
IMG_2799.jpg
ユミコンさんの1/48キンタとのコラボw
IMG_2800.jpg
密度というか、情報量というか、出来が段違い。
このスケール差も結構ウケてました。

今回は他にも
IMG_2801.jpg
オリジン シャアザク

IMG_2817.jpg
1/56 T34/85を持ち込みました。

1/56というと
IMG_2815.jpg
頑固者さん パンター

IMG_2816.jpg
ユミコンさん M10

IMG_2853.jpg
そしてO氏の4人で合同展示
私のだけレベルが低くて恥ずかしい

サークルメンバーの作品
IMG_2810.jpg
IMG_2809.jpg
IMG_2807.jpg
IMG_2806.jpg
IMG_2832.jpg
IMG_2830.jpg
IMG_2827.jpg
IMG_2826.jpg
IMG_2825.jpg
IMG_2824.jpg
IMG_2823.jpg
IMG_2820.jpg
IMG_2819.jpg
IMG_2813.jpg
IMG_2814.jpg
IMG_2812.jpg

合同展示サークルの作品
IMG_2837.jpg
IMG_2836.jpg
IMG_2844.jpg
IMG_2843.jpg
IMG_2842.jpg
IMG_2841.jpg
IMG_2840.jpg
IMG_2839.jpg
IMG_2838.jpg

素晴らしい作品ばかりでもっと紹介したかったのですが、写真を撮り忘れてしまってました。
残念”


IMG_2846.jpg
やはり、台風の影響で去年と比べて見学者は少な目。
でも、その分ゆっくり鑑賞頂けたのではないでしょうか?
楽しんで頂けたなら幸いです。

最後の撤収時には「キンタの解体ショーや!」と寿司三昧のマグロ解体ショーのごとく注目されてしまいましたw

2日間、多くの方とお話し、楽しい時間を過ごす事ができ、ありがとうございました。
また搬入時、撤収時にご協力頂きました参加者の皆さまありがとうございました。


「次は何作るの?」 この質問が一番多く、何気にプレッシャーになってますw

  1. 2017/11/01(水) 23:31:01|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

MOMC

Author:MOMC
MINIATURE OF MINIATURE COMPANYです。
仕事の関係でで5年ほどアメリカに住んでました。
その際に覚えた実銃射撃や旅、模型製作など私の趣味を紹介しています。

FIRE STARTERというブランドで1/6スケールの「あったらいいな~」というお助けパーツを展開中です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
FOA Panther (12)
ミリタリーショー (4)
銃 (7)
コレクション (1)
新製品情報 (7)
air show (1)
博物館 (17)
模型 (16)
BRA M3 (13)
BlackBox Hetzer (15)
FOA Jagd Panther (2)
M4 Sharman Jumbo (35)
King Tiger (43)
FIRE STARTER (2)
Hetzer (37)
KV-2 (15)
AFVの会 (1)
1/200 (4)

FC2カウンター

国別カウンター

Flag Counter

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード