FC2ブログ

My Toys

キングタイガー40

少しずつボチボチと進めている作業をば

IMG_8458.jpg
ドライブスプロケットは、キャタピラと常時擦れるであろう歯の部分をメタルカラーのアイアンでペイントし、リューターでバフ研磨。
その後、ウェザリングカラーでウオッシングしてます。(テカってるのは乾燥していないから)

IMG_8463.jpg
予備キャタピラにも錆を塗っていきます。
鋳鉄は錆びやすいので、もうちょい明るめの錆色を入れてやる必要があります。

IMG_8466.jpg
前回、斑点が小さすぎたので塗りなおして大きくしています。
また、両脇のフェンダーが取り付けられていた部分も再塗装して、塗り分けてやりました。

IMG_8472.jpg
IMG_8471.jpg
全体をウェザリングカラーでウオッシングして、乾燥後に錆を入れていきます。
フェンダー取り付け跡は、雨水が溜まったり、振動で擦れたりしたであろうことから派手にやってみましたが、まだまだ修行が足りませんね。
ただ、あまり細部に集中して作業してると「木を見て森を見ず」となり全体のバランスがおかしな事になるので、様子を見ながら塗らないといけません。
結構時間がかかります。


作業室はエアコンが壊れてしまっているので、仕事から帰って夜に1~2時間作業してるだけでも、気が付けば汗だくになってます。
エアコンを付け替えたいんですけど、キンタの作業が終わらるまでは我慢ですね~
スポンサーサイト



  1. 2017/07/27(木) 00:52:03|
  2. King Tiger
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらり博物館めぐり

キンタの作業をストップして、ちょいと九州まで旅に出ていました。
主にサーフィンのために宮崎県に滞在していたんですが、その際に鹿屋と知覧に行ってきました。

IMG_8751.jpg
鹿屋にはもちろん二式大艇を見るため。
IMG_8748.jpg
IMG_8742.jpg
でかいっすね~ 日本機らしからぬデカさです。

しかし場所が場所だけに、もはや南国の様な暑さ。
屋外でゆっくり見ていられないくらいでした。
ちなみに以前よりも保管状況が良くなったと聞いていたんですが、こちら鹿屋で展示されている他の機体を見ると
IMG_8753.jpg
IMG_8754.jpg
IMG_8755.jpg
心配になる傷み具合です。
T6テキサンなんて尾翼が折れてましたから。
海自の方々、宜しくお願いします。

事前に知らなかったんですが、零戦も展示されてたんですね
IMG_8733.jpg
こちらは屋内でしっかり保管されてました。

そして翌日には知覧の特攻平和館へ疾風を見に。
この疾風、小学生の時に嵐山の博物館で見たことがあるのですが、数十年ぶりに再開しにいきました。
こちらは写真撮影が禁止されており、写真は無いのですが、展示内容からすれば撮影禁止は納得できるものでした。
軽い気持ちで行った事を反省しました・・・

行きはフェリーで九州に入ったんですが、帰りは陸路で。
その際に広島に寄って大和ミュージアムにも行ってきました。
IMG_8788.jpg
IMG_8781.jpg
IMG_8780.jpg
考えてみたら、こちらの展示物も嵐山に展示されてたものなんですね~

自分的には鉄のクジラ博物館の方が面白かったです。
潜水艦内部を見れるのですが、各メーター類の数値がすべて消されてたのですが、これは性能が知られないよう機密保持ためとは面白いですね~ 
艦内は狭いんですが、とはいえ以前船内に入ったことのあるWW2のガトー級に比べれば広い。
伊号やUボートに比べれば快適なんでしょうけれども、私には無理です。

とりどめもなくダラダラと書きましたが楽しい旅でした。
それじゃあ、キンタの作業再開します
  1. 2017/07/25(火) 00:32:00|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キングタイガー39

春になる頃には完成しているはずだったのが、気が付けば夏がやってきました。

夏は、大型模型を製作するには過酷な季節です、といっても冬も過酷ですが・・・


キンタは砲塔の塗装も済ませたので、気分転換に足回りを

IMG_8446.jpg
転輪の外周をメタルカラーのアイアンで塗装し、磨きます。
はみ出したペイントはマスキングして、リタッチしてます。

IMG_8447.jpg
今回初めてウェザリングカラーを使ってみました。
キンタに関しては、基本的にプラ板の箱組なので、エナメルでウォッシングするとバラバラになってしまう恐れがあったので、油彩ベースのこれでウォッシングしてみました。
そのまま使ったり、薄めてみたりと試行錯誤中。


排気管はラッカーのブラックで塗装後にジャンボでも使ったこれで塗ってやります。
IMG_0347.jpg

IMG_8448.jpg
ちぎったスポンジで叩くように塗ってやると

IMG_8451.jpg
乾燥すればこのように良い錆の質感になってくれます。
完全乾燥後にオレンジで赤錆を足して、排気口に煤とオイルの書き込みをやります。

IMG_8449.jpg
車体には斑点塗装。
塗り過ぎないように全体を見ながら塗っていたんのですが、どーも何かがおかしい。
こうやって写真で見ると斑点の大きさが小さいですね~
大型模型はペイントする際に近づいて作業するため、こういった全体をみるって事を忘れてしまいがちです。
これはタッチアップが必要ですね。

砲身は、作業台から落っことしてしまい、クラックが入ったので修理中です。

まだまだ終わらん
  1. 2017/07/03(月) 01:45:23|
  2. King Tiger
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

MOMC

Author:MOMC
MINIATURE OF MINIATURE COMPANYです。
仕事の関係でで5年ほどアメリカに住んでました。
その際に覚えた実銃射撃や旅、模型製作など私の趣味を紹介しています。

FIRE STARTERというブランドで1/6スケールの「あったらいいな~」というお助けパーツを展開中です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
FOA Panther (12)
ミリタリーショー (4)
銃 (7)
コレクション (1)
新製品情報 (7)
air show (1)
博物館 (17)
模型 (12)
BRA M3 (13)
BlackBox Hetzer (15)
FOA Jagd Panther (2)
M4 Sharman Jumbo (35)
King Tiger (43)
FIRE STARTER (1)
Hetzer (37)
KV-2 (14)
AFVの会 (1)

FC2カウンター

国別カウンター

Flag Counter

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード