FC2ブログ

My Toys

ヘッツアー37

Full scratch build 1/6 HETZER mission completed!

IMG_4286.jpg
祝杯!!

出来た~ 間に合った~
製作開始から丁度1年くらいで、我ながらよ~完成させたもんやわ。
IMG_3170_201802182332343eb.jpg
今年の2月はまだこんな状態でしたからね。
キンタ製作時に得たノウハウが生かせました。

とりあえず写真を貼っときます。

IMG_4277.jpg
IMG_4278.jpg
IMG_4279.jpg
IMG_4280.jpg
IMG_4281.jpg
IMG_4282.jpg
IMG_4285.jpg
IMG_4295.jpg

完成重量は僅か6.7kg!
軽く持ち上げられます。
全金属製の100~200kgの車両も迫力あるでしょうけど、日本の住宅事情だと軽いに越したことはないと思うんですよ。
キンタは履帯をレジンで作ったのでそこそこ重くなってしまったけれども、今回はプリンターで中空構造で作ったのが軽量化に公的してます。

作業開始当初は「半年くらいでできるかな~」と楽天的に考えてましたが、結構手こずってしまいました。
まあ、気に入らないと転輪5回作り直したりしてましたしね。

このヘッツアーの製作において、塗装や汚しで悩んでいるときにモデラー仲間から多くの御助言を頂き、本当に感謝しております。
また、今回も応援して頂いた方々にも感謝です。

ヘッツアーはモデラーズフェスティバル、SOMETIME展示会でお披露目いたしますので、是非見に来てやってください。
特にモデフェスではキンタと並んで展示しますので、迫力ある光景になると思います。

えっ、次のプロジェクト?
う~ん一応プランはありますが、今回塗装において自分の経験、勉強不足を思い知ったので、しばらくは1/35のキットを作ってスキルアップを図ろうと考えています。

あと新しい3DCADもを勉強しないと。
当初、ヘッツアーをそのCADで設計するつもりだったのが、ついつい勉強をサボってましたわ。

ともかく今回も新しい技術を得る事が出来たのが収穫です。

それでは大阪ATCでお会いしましょう!

モデフェスまであと3日!MF2018_Flyer_Ver2[1]

SOMETIME展示会sometime2018[1]
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/10/24(水) 01:32:30|
  2. Hetzer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッツアー36

今夜も駆け込み投稿でございます。

前回塗りなおしたMG34をセット
IMG_4294.jpg
イイ感じの色になりました。
リモコン機銃架にもピッタリ! やはり自分の設計したパーツがピッタリと合ってくれる瞬間は気持ちいいですね~

余ったMG34のスリングを使って
IMG_4274_20181022233808495.jpg
ベルトを製作。

IMG_4293.jpg
ワイヤー固定用のベルトにしました。
固定方法は結構悩まされましたが、恐らくこれで正解なはず。
ワイヤーは何となく邪魔に思えたので、今回は未搭載に。
たぶんzbvの連中に盗まれたのでしょうw

そしてジャッキ
IMG_4023.jpg
こんなのでしたが、頑張ってペイントして

IMG_4298.jpg
IMG_4296.jpg
こうなりました。
実物は重量がありそうですし、乗員に手荒く扱われてそうですから、使用状況を想定しつつ派手めに汚しと錆を入れています。

モデフェスまであと4日!MF2018_Flyer_Ver2[1]

SOMETIME展示会sometime2018[1]

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/10/22(月) 23:56:29|
  2. Hetzer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッツアー35

こんばんは、おケツボーボー状態のMOMCです。
こんな状態なのに非情にも休日出勤して仕事してました。

履帯でのリアル泥汚しが上手くいったので、車体にも施してやります。
事前に錆等の色で派手に汚しておきます。

IMG_4250.jpg
泥で汚れる部分に集中的に盛り付け、完全乾燥させる。

IMG_4251.jpg
そして次に霧吹きで泥を洗い流します。
完全に綺麗にするのでは無く、自然な泥の流れを考えつつ吹きかける。
場所によっては筆も併用してやる。
ちなみにただの水では水玉になってしまうので、台所洗剤を1滴混ぜておく。

そうして乾燥すると
IMG_4254.jpg
これぞリアルウオッシング!

IMG_4260.jpg
フェンダーのすみもエエ感じに

IMG_4261.jpg
更に泥を筆で弾いて飛沫を作り、そこに再度霧吹きをかけ、流れた泥に。
でもこのままでは色調が単調なので

IMG_4264.jpg
水彩絵の具を混ぜて泥の色を暗くしたものを再度同様にしてやります。

IMG_4265.jpg
するとこんな感じに変化が。
この方法の難しいのは乾燥すると色が大きく変わってくるので、事前にテストピースで確認しておく必要がある。

この後、接着剤をエアブラシで吹き付け固着させてやりました。
何もしなかったら梅雨の時期にカビ生えたりしてw

そんで残っている小物類を

ジャッキ台はホームセンターで売っていた適当な木板
IMG_4258.jpg
何の木だったかは忘れた。

IMG_4256.jpg
ウエザリングカラーをオイルステン代わりに塗る。
この後、木の表面に傷をつけてやり、再度塗り重ね。

IMG_4257.jpg
こんな風に使い込んだ風合いになります。
プラ板で作った帯は、チッピングと錆を入れてやり、乾燥後に全体に泥汚れを追加。

今回唯一の流用品であるMG34はそのままでは気に入らない。
IMG_4271.jpg
ストックを切り落として、ストックを取り外した状態にプラ棒で加工。

IMG_4273.jpg
つや消し黒で塗装し、メタルカラーでドライブラシ。
ウェザリングカラーでウオッシングしてやります。


さてここにきて、いつもの様に現在の作業状況とブログに若干のタイムラグが発生してきていますが、出来るだけ追って作業状況をアップしていきます。


モデフェスまであと6日!MF2018_Flyer_Ver2[1]




SOMETIME展示会は来月!sometime2018[1]
  1. 2018/10/21(日) 01:56:02|
  2. Hetzer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッツアー34

どうも、完全にケツに火がついているMOMCです

汚し塗装の続きです。
キンタの際にも書いてましたが、このサイズの車両になると汚すのが難しい。
”どうやって、何で、どのように”と。
通常模型の世界ではピグメントを使うのが当たり前の様な風潮ですが、これを1/6に使うとなると一体幾らコストがかかることやら。
悩んでいたところ、モデラー仲間のトトロさんに良いものを教えてもらいました。

IMG_4241.jpg
荒木田土!
ホームセンターで売ってて、2リッター300円程度というコストパフォーマンス!!
1/6スケールでも普通に使っていれば死ぬまで使い切ることは無いんでは?

では、「見せてもらおうか荒木田土の性能とやらを」

まずは多少失敗しても何とかなりそうな履帯から始めます。

IMG_4231.jpg
基本塗装は発売されたばっかりのタミヤラッカーの履帯色を吹きます。
アクリルよりも食いつきがよく、程よいメタリック感も結構いい感じ。

IMG_4238.jpg
薄めた錆色を全体に塗り、拭き取ります。
凸部にはうっすら、凹部にしっかり錆色が残るようにして、完全乾燥させます。

IMG_4242.jpg
荒木田土を水で溶きます。
袋から出したときは粗そうに見えますが、水を混ぜると非常に目が細かい土になります。
しっかり混ぜながら、薄めていき

IMG_4243.jpg
筆で履帯に塗っていきます。
この際、ついでにと転輪も塗っちゃいました。

そして完全に乾燥させてやります。
この土、完全乾燥するとパラパラ剥がれるような事は無く、ガッチリと表面に食いついてくれます。
これを腰の強い筆や歯ブラシで擦って凸部から落とすと

IMG_4248.jpg
こんないい感じに

転輪も走行時の汚れ等を考えながら不要な土を落としてやると
IMG_4244 (編集済み)
素敵やん!
ちなみに転輪は泥を塗る前にウェザリングカラーで汚しを施していますので、それとの相乗効果。

これメッチャいいですね~ 教えてくれたトトロさんに感謝です。

土は食いつきが良いとはいえ、触るとバラバラと手に付きますので、鉄道模型用接着剤のスーパーフィックスを水で8倍に薄め、それをエアブラシで吹き付けてコーティングするように固着させてやります。

引き続き車体下部の汚しに入ります。


モデフェスまであと8日!MF2018_Flyer_Ver2[1]









  1. 2018/10/19(金) 01:17:43|
  2. Hetzer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッツアー33

さてさて、モデフェスまであとわずかになり、ヤバい状況になりつつあります。
それなのにあんまり進んでいないヘッツアーの塗装の続きでございます。

前回の斑点作業
IMG_4204.jpg
バランスを注意して完了。
次のウェザリング作業の下地に半ツヤクリヤーを吹きます。
近所のジョーシンでラッカーの半ツヤクリヤーが売り切れていたので、水性半ツヤをラッカーシンナーで薄めて使用(後で泣く)


今までの作品には自分なりのウェザリング塗装を施してきました。
しかし、前作のキンタでもイマイチ納得が出来ず、中途半端な感じが気になっていたんです。
だもんで、ここは上手い人の手法を真似てみようと思い、ユミコンさんの製作記を参考にしました。
当然ながら同じ様には出来ないので、あくまで参考で私なりのアレンジ?やってます。

IMG_4205.jpg
薄めたウェザリングカラーでウオッシングしてやり、セオリー通り重力に従い下に向かって拭き取ります。
部分的に筆で雨だれを書き込んでやってます。

ちなみにエナメルでウオッシングしない理由は、車体がプラ板の箱組のため、エナメルシンナーで接着部が弱くなることを避けるためです。
最後の最後にバラバラにならない様に!

IMG_4230.jpg
次にエナメルでチッピング
最初スポンジでやってたんですが、どうも1/6スケールには小さすぎたので、途中から筆での書き込みに変更してます。
エナメルなので気に入らない部分は拭き取って修正

IMG_4233.jpg
チッピングに合わせて錆色を入れていきます。
古い錆は暗く、新しい浮いた錆は明るく書き込んでやります。


次は土埃の汚れ。
埃汚れは、塗装面積が大きいこともあり、当初はアルコール落としでやろうと考えていました。
テストピースで試したところ、結構いい感じになったんで、こりゃいいと小部品から始めたら、何という事でしょう! 
部品が白い粉を吹くではないですか!!
パニックになりながら原因を考えたところ、どうやら下地に吹いた水性半ツヤが溶けて悪さをしたみたい。
ラッカーシンナーで薄めて吹いたから大丈夫だと思ってたんですが、アルコールで溶けてしまった。
まあ、不幸中の幸いで車体に吹いていなくて良かった~

ここはやはり基本に戻り、ウェザリングカラーでの作業に切り替えます。
IMG_4237.jpg
なかなかデカいスケールは大変でしたが、それっぽく仕上がってくれました。

さ~てこの後は足回りの泥汚れ。
ここもモデラー仲間に教えてもらった手法を挑戦します。

モデフェスまであと15日!MF2018_Flyer_Ver2[1]
  1. 2018/10/12(金) 01:47:16|
  2. Hetzer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

MOMC

Author:MOMC
MINIATURE OF MINIATURE COMPANYです。
仕事の関係でで5年ほどアメリカに住んでました。
その際に覚えた実銃射撃や旅、模型製作など私の趣味を紹介しています。

FIRE STARTERというブランドで1/6スケールの「あったらいいな~」というお助けパーツを展開中です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (26)
FOA Panther (12)
ミリタリーショー (4)
銃 (7)
コレクション (1)
新製品情報 (7)
air show (1)
博物館 (17)
模型 (16)
BRA M3 (13)
BlackBox Hetzer (15)
FOA Jagd Panther (2)
M4 Sharman Jumbo (35)
King Tiger (43)
FIRE STARTER (2)
Hetzer (37)
KV-2 (16)
AFVの会 (1)
1/200 (5)
1/700 (1)

FC2カウンター

国別カウンター

Flag Counter

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード